MENU

プロフィール

>
にっしー

にっしーです!
TwitterInstagramもやっています。
お問い合わせはコチラでお受けします!

にっしーの詳細なプロフィール【生い立ち】

目次(クリックでジャンプします)

野球にのめり込んだ小学生~中学生時代

みなさん、はじめまして。
にっしーと申します。

1970年代半ばの生まれ。兵庫県生まれの京都府育ち。
幼少期はとにかく身体を動かすのが好きで、とくに野球にのめり込んでた。

小学校2年生の時に転校ってのを経験した。そう、転校生。
今から思えば、人見知りでひとりアウェイの地に乗り込むよーなカンジで、そうとうプレッシャーあった。

で、地元の少年野球チームに入ってプレーするんだけど、
今のにっしーの姿を知ってる人は信じられないかもしれないけど、すごく線も細く、パワーも全然無かった。
パワー不足で、ボールを打っても外野へ飛ばない。
だから最初はずっとベンチ(補欠)だった。

でもね、その頃は筋トレしてチカラを付けるぞ!という認識はなく、別の部分でアピールするしかない!
って、必死に守備練習して、走塁もアピールした。あとバントの練習もやってたな。
幸い、足の速さには自信あった。かけっこ得意だったし。

にっしー

学校行事で一番楽しみだったのは、やっぱ運動会。
選手リレーとかで活躍して、キャーキャー言われる唯一の行事だった。

んで、当時少年野球では珍しかったセーフティバントとかやったりして、出塁率あげた。
盗塁もガンガンやって、ついにレギュラーを勝ち取った。

今思えば、これが最初の成功体験だったかもしれない。

性格は、カラダが細かったということもあって、とにかく争うことが苦手で、引っ込み思案だったと思う。
でも親の影響かプロレスとかも観ていて、人が戦うところを観てるのは好きという、どこかチカラの強い者に憧れというか、そんなところがあったと感じる。

一方、勉強の方はというと、小学生の頃は覚えが早かった方じゃないかと思う。
ただ、宿題をやるとかが苦手で、よくやらずに怒られてた記憶あり。
自分の好きなジャンルは進んでやるけど、苦手なものとか押し付けられるとヤル気無くす。

ひねくれかけてた高校時代

中学生の時にそこそこ成績も良かったこともあって、高校は進学校を勧められた。
特に目標があったワケでもなかったけど、自我がなかったのか、特にあまり考えることなく進学校のいわゆる”特別進学コース”に入学した。
でも、やっぱりというか、そーいったクラスに入ると自分の成績はビリまっしぐら。
もう完全に勉強する気を無くしてしまったにっしーは、とうとう3年間授業を聞かず、教室では寝るかマンガ読むか弁当食うかの学校生活だった。
マトモにやったのは体育のみ!

で、クラブもその頃は体育会系の雰囲気が苦手だったために、どこにも入らず帰宅部だった。
アルバイトは、最初は近所のスーパーで働いてたんだけど、学校にバレそうになったので、それからは新聞配達をずっとやってた。そのおかげか今でも朝早く起きるのはそんなに苦痛じゃない。

で、学校が終わって空いた時間で、初めてジム通いを始めた。
小学校の頃はクラスで中くらいだった身長が中学くらいに一気に伸び始め、高校時代にはクラスで1・2番くらいの背の高さだった。
コレは今でも牛乳をたくさん飲んでたからだと自分では信じている。

なぜジム通いを始めたかというと、小さい頃からコンプレックスを感じていたカラダの線の細さをバルクアップすることによって解消したかったからに他ならない。
腕相撲は百戦連敗、骨に皮がついたよーなガリガリの体形。

もーね、今から思うと、むしろ一周回ってこの頃の体形に戻りたい。
でもその頃のにっしーは、とにかくパワーをつけたかった。
ジムではトレーナーがキチンと筋トレのやり方を指導してくれたし、プロテインと出会ったのもこの頃
アルバイトで稼いだお金はきっちりジム代とプロテインに消えた。
初めて飲んだプロテインの感想は、まずい、というよりも「味が無い」
その頃のプロテインは、今でいうノンフレーバー(無味)のソイプロテインしかなかった記憶がある。

高校時代に通った2年間のジム通いで、線の細さが少し改良された。写真が残ってないのが残念。当時は気軽に自撮りできるスマホとか無いんよ。
で、腕相撲は6割くらいの勝率になった。
また、ジム通いによって、身体的なパワーだけでなく、内面というか自分に自信がついた。自己肯定感があがった
むしろ、身体的な面より、コッチの方の効果が大きかったのではないかと今は思う。

他の人から見て、こんな高校生なかなかいなかったんじゃないかな。

高校卒業後~就職

高校卒業後の進路については、もう大学は行かない(いけない)ことは確定として、じゃあ何やるの?
ってカンジで、何も考えられてなかった。
1年生の頃にアメリカへ行って、すごく楽しかったということもあって、英語に興味があったということで
英語の専門学校に行った。

でも、そんな中途半端な志で続くワケもなく、3ヶ月も経たずに頓挫。
高校時代にやってた経験から、新聞配達をしながら学校に通うことで奨学金をもらえる「新聞奨学生」という制度を使ったものの、地元から都会(大阪市内)の違いに圧倒され、それも挫折。。
結局、専門学校を退学し、新聞奨学生も辞め、実家に帰った。

他の人は、ちゃんとそれぞれの夢に向かって、着実に歩んでいる。
でもにっしーにはソレが何も無かった。特別やりたいこと、夢、希望、そんなカッコいい言葉で表せるよーなものは何も無い。

とりあえず、自動車工場の期間工をやることにした。理由は単純。稼げるから。
2交替勤務も問題無し。
夜勤とかもむしろ深夜手当付くし大歓迎。若さって無敵。

でもね、自動車工場で期間工やるのって、若いウチはお金は稼げるけど、正直言って何のスキルも身につかないし、
時間をお金に替えてるだけ
仕事自体は、配属された部署にもよるけど手順さえ覚えてしまえば楽だったし、夜勤・昼勤の交替もカラダを慣らしてしまえば問題なかった。

にっしー

あと、職場に女の子がほとんどいなかったこともモチベーションが上がらなかった。。

いつまでも、こんな生活ではダメだ!
ってコトで、何を思ったか、公務員になろう!と3ヶ月で試験対策の通信講座を受け、とある自治体を受験した。
年齢ギリギリの高卒枠で受験できた。



結果は・・・合格!

ソフトボール、公務員生活、そして現在に至る・・・

無事に公務員生活をスタートできたワケなんだけど、ここから初めて社会人としての常識・教養っていうのを初年度からイヤというほど叩き込まれた。
いかに自分が若造かというのを思い知ったなぁ。

福祉・税金などの部署に携わり、普通の会社では味わえないよーな、社会人としての経験ができたような気がする。
また、マネーリテラシーもイヤでも身についた。そんな環境でした。
あ、そうそう、麻雀も徹底的に覚えさせられました。

ソフトボールもこのあたりから始めた。
野球との違いは割とすんなり受け入れられて、今でも続けている。
生涯の趣味に出会えたことは感謝。

で、ソフトボールやってて、やっぱり負けず嫌いが再び湧き上がってきたのか
ジム通いを再開しまして、もうガンガン筋トレしまくった。
食事も好きなモノを食べられるようになったせいか、カラダも大きくなり体重がヤバいことに。。。
この時期プロテインは美味しくなかったので、プロテイン抜きでカラダを作ってた。
今から思えば、なんていうもったいないコトをしてたのか。。
まさしく、ガソリン抜きでクルマを走らせようとしてるよーなもの。

案の定、ある程度カラダを作った時点でジム通いをやめてしまった。

そーこーしているウチに結婚、子供にも恵まれた。
そして公務員生活に別れを告げ、とあるメーカーの会社員として再就職。

公務員時代の経験を生かして人事・総務の仕事に就く。
と同時にジム通いも復活。
久々に飲んだプロテインが感動するほど美味しくなってる!

もうそこからプロテインを研究しまくり、このサイトを立ち上げたというワケ。
どこまでできるか分からないけれど、ブログで発信できるって素晴らしいと感じる。
やれるだけ、やってみよう!

フォローよろしく


ここまで生い立ちを晒したのは初めて。
もちろん公表できる範囲でだけど。

ここまで40代なかばのオッサンの自己紹介を読んでいただいてありがとうございます。
今後はブログ更新情報をTwitterやInstagramで周知する予定。
興味を持っていただいたら、どれかをフォローしてくださいね~

Twitter

ブログの更新情報のほか、日々感じたことをつぶやいていきます。

Instagram

こちらも、ブログの更新情報や、日々の写真とかをあげていく予定。

お問い合わせ

お問い合わせはコチラのページからよろしくお願いします。⇒ お問い合わせページ

目次(クリックでジャンプします)